している講座のご案内
企業で働く方をはじめ、経営者、研修講師、教育関係者、スポーツ関係者など、さまざまな立場の方へ向けた各種講座を随時開講しています。ご自身の成長、スキルアップのためにぜひご活用ください。
開催予定については、トップページ“WHAT'S NEW”「セミナー開催予定一覧」でお知らせいたします。

「チームビルディング・ファシリテーション」入門講座
■受けていただきたいのはこんな方!
どんな講座かのぞいてみたい、どんな人がやっているか知りたい、一回だけなら参加したいという方。
■本講座のゴール
チームビルディングとは「よりよい関係を築きながら共通の目標を達成できる集団をつくること」です。ファシリテーションとは「支援的・促進的・利他的に他者へ働きかけること」です。この講座では、「他人と関わっていくこと、自分と向き合うこと」や「あなたの強みを活かしてチームをつくる」ということを題材に、チームビルディングについて学びます。

「チームビルディングって、コーチングや他のマネジメント技術とどうちがうの?」
「基礎コース・研究コースについて、詳しく聞いてみたい」
「もっと人生に積極的になりたいが、きっかけがつかめていない」
「周囲の人たちと、もっとうまくいくようになりたい」
「会社での部下や上司との関係をもっと円滑にしたい」
「チームビルディングって何なのか、一度体験してみたい」

「チームビルディング・ファシリテーション講座」基礎コース
■受けていただきたいのはこんな方!
初めてチームビルディングを受ける方やファシリテーションを基礎から学びたい方。
■本講座のゴール
基礎コース前期は、体験を通してチームビルディングの概念を習得していきます。チームビルディング・ファシリテーションの基本をしっかりと押さえます。次の基礎コース後期でより深い理解を得るためにも、必要不可欠の内容、という位置づけです。
基礎コース後期は、前期の内容を踏まえ、もっと体系的に深くチームビルディング・ファシリテーションを学んでいきます。

【基礎コース・前期 プログラム構成】

STEP1■ チームビルディングの3つのステップ
どんな集団にも人の集まりは存在しますが、人が集まれば自然とチームができあがるわけではありません。メンバーからエネルギーをもらいながら、成果を出すチームビルディングの3つのステップについて学びます。

STEP2■ ファシリテーションの2つのポイント
支援的、促進的、利他的な働きかけをするファシリテーターは、具体的にどのような能力を必要としているのでしょうか?「聴くスキル」「伝えるスキル」とファシリテーションの関係性について学びます。

STEP3■ リーダーとリーダーシップの違い
チームの先頭に立つのがリーダー?「まとめる」「引っ張る」のがリーダー? リーダーシップを発揮することの意味を、楽しいアクティビティを通して学びます。集団の上に立つ役割の方には必聴の講座です。

STEP4■ チームビルディングを進めるための様々な技法
チームビルディングのためにはたくさんのアプローチがあります。この講座では代表的なチームビルディング技法を紹介しながら、「成功のヒント」「日常生活で活かせる問題解決のヒント」を学びます。

【基礎コース・後期】

STEP1■ チームビルディングに必要な5つの力
チームビルディングを進めるファシリテーターとして身につけたい5つの力があります。「リーダーシップ力」「アシスト力」「エンパワーメント力」「予測力」「気づき力」。これらの力が集団にどのような影響を与えるかを学びます。

STEP2■ エンパワーメントコミュニケーション
「支援的・促進的・利他的な働きかけ」とは何を意味するのでしょうか? 単なる集まりである「グループ」を目標が共有できて意思疎通ができている「チーム」に変えるための効果的な関わり方を学びます。

STEP3■ 脳の働きとチームビルディング
私たちが行動を起こすのには理由があります。また、うまくいく・うまくいかないことにも理由があります。私たちの脳がどのような働きをしているかを理解することで、「心を楽にしながらチームを導く方法」を学びます。

STEP4■ チームの発達段階
私たちが成長し発達していくように、集団も発達していきます。ファシリテーターがその発達に合わせた効果的な働きかけをすることでチームは飛躍的な成長を遂げるのです。この講座ではチームの発達段階と働きかけについて学びます。

「チームビルディング・ファシリテーション講座」研究コース
■受けていただきたいのはこんな方!
基礎講座を終了の方(またはそれに準ずる知識・経験がある方)。
■本コースのゴール
チームビルディングの概念と体験を得た上で、日常で活用するテクニックを習得するための応用講座です。
研修講師で技術論を総合的に学びたい方やテクニックを身に付けたい方、チームビルディング・ファシリテーターの認定資格を取得したい方向けの内容です。

STEP1■ オリエンテーション
研究コースで学ぶ内容は、人材育成や組織開発、あるいは認知心理学など多岐にわたります。オリエンテーションではそれぞれの内容をどのように学ぶかについてのゲシュタルト(統合された世界)をつくりあげます。

STEP2■ アドベンチャーラーニング
「アドベンチャーラーニング」は、体験や経験を通して気づき学ぶ体験学習の手法です。実際に体験しながら何をどのように学ぶのか、あるいはチームビルディングを進めていくのかを楽しみながら学びます。

STEP3■ PX2
「PX2(Path to Extreme Success)」は、当研究所の顧問、Lou Tice氏と苫米地英人博士によって開発された認知心理学をベースとしたプログラムです。「臨場感を保ちながら抽象度を上げる」ことの重要性を学びます。

STEP4■ アプリシエイティブ・インクワイアリー
「アプリシエイティブ・インクワイアリー」は、対話を基にした組織をポジティブに変革する「ポジティブチェンジ」と呼ばれる技術です。4つのDを実際に体験し、組織が本来持っているエネルギーを引き出すことを学びます。

STEP5■ ダイアログ
「ダイアログ」は、言い換えてみれば「全力でする雑談」。対話を通して自分と他人と近づきながら、対話と体験を共有することでチームビルディングを進める技術です。実際に対話を体験することから効果性を学びます。

STEP6■ ワールドカフェ
「ワールドカフェ」は、カフェにある空間のようなオープンで創造性に富んだ会話ができる場で、組織状況の共有や新しい知識の生成を行なう技術です。支援的・促進的な働きかけがチームにもたらす効果を、体験を通して学びます。

STEP7■ アクションラーニング
「アクションラーニング」は、チームで現実の問題に対処し、その解決策を立案・実施していく過程で生じる行動と気づきを通して、学習する力を養成するチーム学習の技術です。現実の問題を解決する過程から学びます。

STEP8■ 修了式
研究コースを最後まで学習されたあなたは、名実ともに「チームビルディング・ファシリテーター」です。半年の道のりを振り返りながら、共に学んだ仲間と喜びをわかちあいましょう!

※講座の順序は変更になることがございますのでご了承ください。


お問い合わせ
メールマガジン登録
チームビルディングに関する情報を定期的にお届けします
お問い合わせ・資料請求
ご質問やご相談はお気軽にどうぞ